セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する活動報告や情報発信をしていきます

ブログし~幸せなペットを増やすために~

2016.06.29  8:58

朝日新聞タブロイド判「sippo」掲載のご案内「人と動物の未来センター・アミティエ」

これまでも定期的にご紹介してきましたが、2016年6月27日に朝日新聞タブロイド判「sippo」にて、セーブペットプロジェクトの記事が掲載されました。朝日新聞さまのご厚意で、記事の転載許可をいただきましたので、ぜひご覧ください。

1
 

保護された犬の数だけ物語がある――。保護犬にまつわる様々なドラマをご紹介している
「保護犬シンデレラ・ストーリーズ」。今回取り上げるのは、
鳥取県における動物愛護の中核的存在である「人と動物の未来センター・アミティエ」。
動物たちとの共生を目指し、多方面で成果を上げている保護活動を紹介します。

 

公益財団法人が推進する保護活動

鳥取県倉吉市、柿畑が広がる自然豊かな環境の中に「人と動物の未来センター・アミティエ」がある。県内で年間1000頭を超える動物たちが殺処分される中、保健所の犬や猫を保護し、里親に譲渡する活動を行っている。

「人と動物の共生を目指し、2011年に『人と動物の会』を立ち上げ、獣医師を主体とした保護活動をスタートさせました。13年にはアミティエを開設。鳥取県とも提携を始め、約50名のボランティアとともに、殺処分されてしまう犬や猫を保護する活動を行っています」

 

2
福島県の被災動物シェルターから受け入れたオスの雑種犬クーと公益財団法人動物臨床医学研究所理事長の山根義久先生。

 

そう話すのはアミティエを運営する公益財団法人動物臨床医学研究所の理事長山根義久先生だ。公益財団法人が都道府県と連携して保護活動に取り組む例は全国でも珍しく、資金面では寄付だけに頼らない基盤を作ることができている。幅広く活動を続けるなか、動物愛護への関心が比較的低かった鳥取県の意識を変革する存在となった。

 

広大な芝生のドッグランを有した施設には、各地から市民が訪れる。里親説明会や無料相談などを行う「アミティエフェスタ」を毎月開催し、施設見学者はすでに7500名を超えた。これまでの譲渡数は犬72頭、猫77頭にも上る(16年5月27日現在)。

 

3
現在は犬14頭、猫11頭を保護している。

4
テニスコート約12面分もの広さがあるドッグランのほか、個別利用できるドッグランもある。

 

動物病院と連携し、保護活動の幅を広げる
「この施設の大きな特長は、高度な医療を提供できる動物病院と連携している点。ワクチン接種や避妊・去勢手術、マイクロチップの装着はもちろん、高いレベルの健康管理を行っています」と、山根先生。一年を通して何頭も犬や猫が保護されるなか、特に子猫は、高い確率で寄生虫がいるため、迅速な治療が必要だ。

メリアル・ジャパンが取り組む「セーブペットプロジェクト」では、ノミ・マダニ駆除薬の「フロントライン」や「ネクスガード」、フィラリア症予防薬の収益の一部を保護犬・猫を支援する活動に寄付しており、飼い主のノミ・マダニ・フィラリア症対策の徹底を訴える山根先生もこの活動に強い共感を寄せている。

「人生は〝種〟を蒔き続けなければならない」とは、山根先生のモットーだ。アミティエが蒔く〝種〟の一つが、学校教育における保護動物との「触れ合い授業」。情操教育の面でも動物たちから大切なことを学べ、良い効果が現れているという。人間による一方的な保護活動ではなく、感性や本能で動く動物たちから、日々大切なことを教わる。アミティエの保護活動には、互いに「与え、与えられる」共生関係ができているようだ。例年、猫の繁殖期である春先は保護猫の数が増加していたが、今年は10頭を下回るほどで、愛護活動の浸透がうかがえる。地道に蒔いてきた種が少しずつ芽吹き始めた。動物愛護へのアミティエの思いは、いつか花咲く未来を描いている。

 

 

アミティエが保護活動で連携する 山根動物病院「最良の医療」を求めベストを尽くす
最新の医療機器を備え、高度医療を提供する「倉吉動物医療センター山根動物病院」。高いスキルを持つ獣医師が在籍し、難しい病気の治療にも対応しているため、県外からも多くの飼い主が訪れる。

「私たちがこだわるのは究極のインフォームドコンセント。診療室や手術室などが透明なガラス張りで、待合室からでも中の様子が見えるんです」

そう話すのは院長の髙島一昭先生。飼い主に病気のことや治療について丁寧に説明をするだけでなく、治療の様子なども見えるようにすることで飼い主の納得や安心につなげている。

「保護活動においては、アミティエとの連携が円滑なため、動物たちの命を救えたケースも多い。最良の医療が何かを常に模索し、ベストを尽くす体制がここにはあるんです」

 

5
6
 

掲載記事のダウンロード(PDFダウンロード

7
 

■朝日新聞「sippo」WEB(http://sippolife.jp/issue/series.html?id=00886
保護犬にまつわる様々なドラマをご紹介している「保護犬シンデレラ・ストーリーズ」のバックナンバーも是非ご覧ください。

8

 

■「sippo」関連のブログ記事

http://n-d-f.com/?s=sippo

  • ツイート

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
フロントラインCM
特集|愛犬愛猫のケアについて獣医師の先生にお話を伺いました。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト