ノミのもたらす病気や被害

ノミに吸血される事に起因する
犬・猫が発症する主な症状・病気について

ノミは犬や猫の被毛の中に潜み、血を吸って生きている寄生虫の一種です。そしてノミは、吸血する際に犬や猫に刺激を与えてカユミをもたらします。犬・猫がノミに刺されると激しいかゆみによる精神的ストレスを受けます。さらに、それ以外にも以下のような重大な病気を引き起こしたり他のペットにうつしたりする恐れもあります。

1.貧血

病気について

1匹1匹のノミが血を吸う量は少なくても、大量のノミの寄生を受けると、特に子犬や子猫では貧血をおこす危険性があります。

2.細菌の二次感染

症状

皮膚の化膿

病気について

ノミに刺された箇所を犬や猫が掻きむしってできた傷に細菌が入り、化膿してしまうことがあります。

3.瓜実条虫(サナダムシ)

症状

下痢・嘔吐

病気について

ノミが媒介役となる代表的な寄生虫症は「条虫症」で、これは瓜の種状の片節を持つ瓜実条虫(サナダムシ)としてよく知られ、犬や猫に感染する病気です。
体長50cm以上になることもあるサナダムシ。ノミの幼虫がサナダムシの卵を食べると、そのノミの体内で発育します。犬や猫がグルーミング等でサナダムシの卵を宿したノミの成虫を食べることにより小腸に寄生します。瓜の実に似た片節が、糞便や肛門の周辺に付着します。

3.瓜実条虫(サナダムシ)

症状

下痢・嘔吐

病気について

ノミが媒介役となる代表的な寄生虫症は「条虫症」で、これは瓜の種状の片節を持つ瓜実条虫(サナダムシ)としてよく知られ、犬や猫に感染する病気です。
体長50cm以上になることもあるサナダムシ。ノミの幼虫がサナダムシの卵を食べると、そのノミの体内で発育します。犬や猫がグルーミング等でサナダムシの卵を宿したノミの成虫を食べることにより小腸に寄生します。瓜の実に似た片節が、糞便や肛門の周辺に付着します。

:引用:Canine Dermatology Book, courtesy of Eric Guaguere and Pascal Prelaud.

5.猫ヘモバルトネラ症

症状

貧血、元気消失、体重減少、食欲不振

病気について

ヘモバルトネラ フェリスという菌が猫に感染することにより症状が現れます。ウイルス感染や色々なストレスを受けると症状が悪化します。ノミ・マダニによって媒介されると考えられており、輸血や母猫の胎盤からも感染するといわれています。

人間が発症する主な症状

ノミの被害は動物だけではありません。ノミが引き起こす症状は人間にも被害をもたらします。 ノミの寄生は動物だけの問題ではないのです。

1.ノミ刺咬症

症状

かゆみ・水ぶくれ

病気について

人間がノミに刺されると激しいかゆみがおこり、 患部をかくことで細菌感染し、ひどい場合はアレルギーになって水ぶくれのような状態になります。

2.猫ひっかき病

症状

リンパ節の腫れ、発熱、頭痛

病気について

バルトネラ・ヘンセレという菌に感染した猫に人間が引っかかれたり、咬まれたりすると、その部位が化膿したりリンパ節が腫れ、発熱、頭痛などの症状が現れるという感染症です。ノミが感染猫から他の猫へとうつします。感染猫には症状がほとんどでないので発見が難しく、飼い主様に症状が出るまで気づかないというケースが多いようです。

ノミの見つけ方

方法は簡単。ノミの糞を探してみましょう。

ノミは体長2ミリ程度と、かなり小さく、通常は犬や猫の被毛の中に隠れ、動きもすばやいため、特に寄生数が少ない場合には見つけ出すのに根気が要ります。ノミの糞を探すことで、ノミがついているかどうか簡単にチェックできます。

STEP.1

はじめに、目の細かいクシなどで被毛を丹念にすきます。
ノミがいても動き回るので見つからないときもあります。散歩から帰ったら、必ずチェックしましょう。

STEP.2

次に、黒っぽい小さい粒があれば、湿らせたティッシュの上に置きます。

STEP.3

粒が溶けて赤茶色になったら...
それは血を吸ったノミの糞。ノミが寄生している証拠です!

ノミのライフサイクル

方法は簡単。ノミの糞を探してみましょう。

ノミが繁殖するには気温が13℃以上あれば十分なため、寒い冬の時期でも、暖房のきいた室内では繁殖と寄生を繰り返すことができます。 ノミにとって、気温や湿度が適当である日本の家は一年中天国のような居心地なのです。

室内で飼っているペットにも、危険が迫っています。「うちの子は室内で飼っているから」といって、安心してはいけません。近所を散歩させただけでノミが寄生してしまうことも、人間が外から持ち帰ってしまうこともあります。ノミは知らない間に忍び寄ってきているのです。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト