Trimmer's Lecture

犬用フロントライン プラスの使い方

撮影協力:クロス動物医療センター

クロス動物医療センター足立
行光 基 先生

病気の時だけではなく、動物との正しく楽しい暮らしに寄り添い飼主様を支えます。

獣医師によるフロントライン プラス 投与動画

STEP 1

裏面のアルミシートをはがしてピペットを取り出します。

STEP 2

上部の切れこみ線部分を折ります。

STEP 3

緑の面を手前に向けて折ると、薬液が体に飛び散ることがありますので、図のように白い面を体の方に向けて折ってください。

STEP 4

肩甲骨の間の1カ所にピペットの全量を滴下します。

皮膚が見えるように被毛をかき分けて、薬液を直接皮膚の上に滴下してください。

大型の犬の場合には、投与した液が流れやすいので、注意してください。

STEP 5

ピペットの全量を投与したことを確認してください。

投与された成分は、からだ表面の脂分を伝わって全身にゆきわたります。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト