セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する活動報告や情報発信をしていきます

ブログし~幸せなペットを増やすために~

2015.11.04  9:26

セーブペットプロジェクト寄付贈呈式 Vol.3 公益社団法人日本獣医師会

日本獣医師会主催のイベント・動物感謝デーin Japanが2015年10月3日(土)に東京・駒沢オリンピック公園で開催されました。現職の大臣や国会議員が列席する開会式の中で、セーブペットプロジェクトから日本獣医師会への寄付の贈呈式が行われました。
今回はセーブペットプロジェクトを運営するメリアル・ジャパン株式会社 の永田 正代表取締役社長と、日本全薬工業株式会社の渡辺 悟執行役員に寄付に込められた思いなどを聞きました。

 

ノミ・マダニ駆除薬「フロントライン」「ネクスガード」そして犬フィラリア症予防薬の売上の一部は、セーブペットプロジェクトとして犬猫の殺処分数低減のために寄付しています。その中でマイクロチップ普及支援のために、今年も公益社団法人日本獣医師会へ200万円を寄付しました。

活動を開始した2010年からこれまでに、日本獣医師会を通じて全国各地の自治体へ寄贈されたマイクロチップリーダーは約120台。多くの自治体で迷い犬、迷い猫の身元特定に大きく貢献しています。

贈呈式
 

■全国津々浦々までマイクロチップリーダーの配備を

永田 正氏(メリアル・ジャパン株式会社代表取締役社長):お蔭様で「フロントライン」というノミ・マダニ駆除薬を多くの愛犬家、愛猫家の皆さまに使っていただけるようになったことで、私たちも何か社会に恩返ししなくてはならないと考えスタートしたのが、セーブペットプロジェクトです。

当時の犬猫の殺処分数は20万頭を超えていました。これを低減させるためには「迷子になった犬や猫が家に帰れること」も大切だと考えている時に、マイクロチップを読み取るリーダーの数が十分ではないと日本獣医師会の先生からお聞きしました。そこで、私たちがリーダーの購入費を寄付するので全国津々浦々に配布していただきたいと日本獣医師会さんに協力をお願いし、この活動は始まりました。

5年間続けてきて、いま思うのは、もっとリーダーを必要としている所もあるだろうということです。微力ではありますが今後も啓発と同時に寄付を続けていかなくてはいけないと考えています。殺処分頭数は12万頭にまで減ってきましたが、もっと少なくするためには、迷子犬、迷子猫が安心して飼い主さんの元へ返れることが大切だと思います。ですから全国の自治体に十分な数のマイクロチップリーダーを配備するまで、普及支援を続けていきたいと考えています。

 

■マイクロチップは人間と動物の絆を繋ぐもの

渡辺 悟氏(日本全薬工業株式会社執行役員):私は子どもの頃から動物と共に暮らしてきました。その中で動物が私たち人間に与えてくれる「しあわせ」はかけがえが無いものだと肌身で感じています。会社としても不幸な想いをしている犬や猫を少しでも減らしたいという想いでセーブペットプロジェクトに関わっています。ただ現実は簡単ではなく、すぐに犬猫の殺処分が無くなる訳ではありませんが、私たちは動物に関わる仕事をしていますから、出来る限りの寄付を続けていかなくてはならないと感じています。

マイクロチップの普及については、日本獣医師会を筆頭に各獣医師会もそれぞれの立場で情報発信を続けておられます。私たち民間の企業も支援していますので、是非とも行政もマイクロチップの普及により一層取り組んでいただきたいです。子犬の場合はマイクロチップが装着された状態で各家庭にいくことが増えていますが、成犬、成猫の装着率を上げるには、行政の力が欠かせません。マイクロチップは動物と飼い主を繋ぐ大切な役割を果たしますから、法律で義務化するということだけでなく、その有効性を広めて貰えればと思います。

 

寄付を贈呈した日本獣医師会の藏内勇夫会長には、別途インタビューさせていただきました。詳しくは下記をお読みください。

動物福祉最前線インタビュー

 

  • ツイート

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
フロントラインCM
特集|愛犬愛猫のケアについて獣医師の先生にお話を伺いました。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト