セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する活動報告や情報発信をしていきます

ブログし~幸せなペットを増やすために~

2013.10.11  12:00

【お知らせ】寄付金の窓口を「アニマル・ドネーション」に変更いたしました

セーブペットプロジェクト(SPP)では、「フロントライン」の売り上げの一部を保護犬・猫の医療費として寄付しています。2013年4月より、この寄付の窓口を一般社団法人「アニマル・ドネーション」(アニドネ)に変更いたしました。
寄付先となる動物保護団体はこれまでと変わらず、寄付金の使途報告につきましても、これまでと同様にセーブペットプロジェクトのブログなどを通して行ってまいります。

◆「アニマル・ドネーション」とは
2011年9月にオープンした、日本初の動物関連に限定したオンライン寄付サイトです。
「寄付金額のオンライン表示システム」を採用しており、サイトにアクセスすれば、誰でも寄付金の総額を確認することができます。
また、2012年4月には、世界最大級の動物福祉団体である「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International, HSI)」から、日本の動物関連の寄付団体として認定を受け、10万ドルの寄付(義援金)を使い、被災地支援を行った実績があります。

◆「アニマル・ドネーション」代表・西平衣里さんからコメントが届きました!
SPPは、愛犬の健康のためにフロントラインを購入することが、飼い主のいない動物の健康や幸せにつながるという、とても素晴らしい仕組み。もっと多くの方々にSPPについて知ってほしいと思います。
(中略)
今後の目標は、「動物たちのために何かしたい」と願う人たちのネットワークをどんどん広げていき、アニドネの活動を全国規模に育てることです。そしていず れは日本に寄付文化・ボランティア文化を日本に根付かせること。人と犬が幸せに共生できる社会を目指して、頑張っていきたいと思います!

◆寄付金贈呈式の様子
8月27日(火)に行われた、寄付金贈呈式の様子です。

 

merial_1310_anidone

左より、(株)One Brand 松原氏、アニドネ 西原氏、
メリアル・ジャパン(株)永田、日本全薬工業(株)渡辺部長

今後もセーブペットプロジェクトは、殺処分数の低減を目的とし、新しい家族を探す犬や猫たちのために寄付を続けていきます。

「フロントライン」の処方は、ぜひお近くの動物病院で!
みなさまのご協力を、よろしくお願いいたします。

  • ツイート

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
フロントラインCM
特集|愛犬愛猫のケアについて獣医師の先生にお話を伺いました。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト