フロントライン スポットオンの使い方

使い方

フロントライン プラスは、犬または猫の首筋(肩甲骨の間)に垂らして投与する、スポットオンタイプです。滴下された成分は体表の脂分を伝わって全身にゆきわたり、皮脂腺に蓄えられ、皮脂とともに再び体表や皮毛に放出されますから、垂らすだけの簡単投与で、ノミやマダニの被害からペットを守ります。

投与方法ガイド

STEP1

ピペットを取り出します。

裏面のアルミシートをはがしてピペットを取り出します。

STEP1

切れ込み線部分を折ります。

上部の切れ込み線部分を折ります。緑色の面を手前に向けて折ると、薬液が体に飛び散ることがありますので、図のように白い面を体の方に向けて折ってください。

STEP3

肩甲骨の間に全量を滴下します。

肩甲骨の間の1カ所にピペットの全量を滴下します。
猫や大型の犬の場合には、投与した液が流れやすいので、注意してください。

STEP4

直接皮膚の上に滴下します。

皮膚が見えるように皮毛をかき分けて、薬液を直接皮膚の上に滴下してください。

STEP5

投薬を確認します。

ピペットの全量を投与したことを確認してください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト