セーブペットプロジェクト、愛情の証キャンペーンに関する活動報告や情報発信をしていきます

ブログし~幸せなペットを増やすために~

2017.05.17  10:21

「なぜネコは伴侶動物となりえたのか?-進化と対ヒト社会的認知能力からの考察-」


 

どうぶつ達と共に暮らす社会をつくることを目的に設立された「日本ペットサミット」が例会をスタートし、その第5回会合が2017年2月10日に東京大学農学部で開催されました。今回の講演者は、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程を修了された、齋藤慈子先生です。現在、武蔵野大学教育学部児童教育学科で講師をされており、著書に『飼い猫のココロがわかる 猫の心理』(西東社)があります。

 

今回のテーマは、「なぜネコは伴侶動物となりえたのか?-進化と対ヒト社会的認知能力からの考察-」。ネコとヒトの共存の歴史とそれによるネコの行動・特性の進化や、ネコの対ヒト社会的認知能力について今まで研究されてきたことについて詳しく紹介、なぜネコがイヌと並んで、ヒトの伴侶動物となっているのかを考察する内容でした。

 

イヌに比べて少ないネコの研究

 

イヌとネコは、伴侶動物の双璧であるといっても否定する人はいないでしょう。イヌは最古の家畜といわれ、その長いヒトとの共存の歴史から、ヒトと特別な関係を築いてきたとされます。イヌに関する研究論文や考察は大変多いのですが、それに比べてネコに関する研究はまだまだ少ないという感じを受けます。そんな中、齋藤先生は、ネコの行動・特性の進化や、ネコの対ヒト社会的認知能力についてのさまざまな研究を続けています。

 


 

ネコとヒトとの意外な共通点

 

齋藤先生によると、「ネコはイヌと比べると、ヒトとの共存の歴史も長くはなく、積極的な人為淘汰を受けてきていないため、ヒトからみてイヌに比べると気持ちもわかりづらいし、ヒトのこともわかっていない、と思う方が多いかもしれません。しかし、ネコとヒトには意外な共通点がある」そうです。

 

・ネコもヒトも、幼児期や成人になってからなどの、各ライフステージ間で頭の骨格に大きな変化がないこと。

・目が顔面前方についているので、イヌよりも視野方位が広いこと。

・他の個体がやっていることを観察して、学習する能力があること。

・他の個体が未経験なことを、経験のある個体が教育する能力があること。

(母ネコが子ネコに獲物の獲り方を教えるなど。)

・遊び好きなこと。

 

上記のような具体例を聞いてみると、ネコもイヌに匹敵するくらいの高いコミュニケーション能力を持つ動物であることを、改めて感じさせられます。

 


 

ヒトとの共存の中で、特性を変化させてきたネコ

 

また、大変興味深かったのは「ネコもヒトとの共存の歴史の中で、行動や特性を変化させてきたのでは」という研究についてです。ネコはもともと単独性の動物ですが、ヒトとの共存の中で集団生活をするようになり、ネコ同士の社会性、コミュニケーション能力が発達してきたそうです。また、鳴き声にも変化が出てきた、という説も驚きでした。イエネコの元祖であるリビアヤマネコの鳴き声は野性的な「ニャー!」ですが、イエネコは「ミャア~」と、よりヒトにとって心地よい響きの鳴き声に進化してきたという齋藤先生。かわいい声のネコは、ヒトからより多くのエサがもらえたり、よりよい環境を与えられたりするということで、自然淘汰的に増えてきたのでは?という説もあるそうです。

 

ネコとヒトが共存を始めたのは、約1万年前と言われているそうです。長い共存の歴史の中で、ネコも飼い主の声を聞き分けたり、表情を読み取ることができるようになってきた、とさまざまな研究によってわかってきたそうです。ネコ派、イヌ派という分類があるように(どちらも大好き!という派ももちろんいらっしゃいますが)、ネコ派の方々は、ネコの持つ野性味、気まぐれで孤高なところに愛おしさを感じるというのが通説なので、ネコも進化によって、イヌ化する?ということには、大のネコLoverの齋藤先生にとっては少し葛藤もあるそうです。

 

最後に先生は、「でもやはり、イヌとネコではヒトとの関わり方は違うもの。自分の性格やライフスタイルに合った伴侶動物を選んでほしい」と締めくくりました。

今後もネコとのより良い共生を実現するための齋藤先生の研究に注目し続けたいと思いました。

 

4
 

  • ツイート

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
フロントラインCM
特集|愛犬愛猫のケアについて獣医師の先生にお話を伺いました。

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト