Living with dog

愛犬の破壊行動

出典:公益社団法人 日本動物福祉協会

子犬期の破壊行動は主にエネルギーの発散が目的。飼い主が上手に発散させることが大切です。

破壊行動の理由

歯茎のかゆみ・歯の生え変わり
好奇心
退屈・エネルギー発散

犬の安全が第一!

破壊行動させないための予防

  • ● かじられて困るものは、犬の届かない所に置き、片づける。
  • ● 動かせないものには苦みスプレーを使うと良い。
  • ● たくさん運動させてエネルギーを発散させる。

破壊行動させないための管理

  • ● 目を離すときは、安全な場所で留守番させる。
  • ● 留守番時には、かじってもよいおもちゃを与えて、退屈させない工夫をする。

破壊行動させないための道具

  • ● 噛んでもいいおもちゃを与え、かじりたい欲求を満たす。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト