フロントライン スポットオン 猫に対する使用上の注意

猫に対する使用上の注意

一般的注意

  • 本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
  • 本剤は定められた用法・用量を厳守すること。
  • 本剤は獣医師の指導の下で使用すること。
  • 猫以外の動物には使用しないこと。特にウサギには使用しないこと。

使用者に対する注意

  • 内容液を直接手で触らないこと。
  • 喫煙や飲食をしながら投与しないこと。
  • 本剤投与後、完全に乾くまで(通常4時間程度)は投与部位に直接触れないこと。また、投与したことを知らない人も触れないように注意すること。特に、小児がいる多頭飼いの家庭で複数の猫に同時に本剤を投与する場合は、投与した猫と小児との接触を避けること。
  • 内容液が皮膚に付着した場合は、まれに一過性の皮膚反応が起こることがあるので、使用後は石けんで、手をよく洗うこと。
  • もし、誤って目に入った場合は直ちに流水中で洗い流すこと。刺激が続くような場合は、眼科医の診察を受けること。
  • 誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けること。

猫に関する注意

  • 12週齢未満の猫には、本剤を使用しないこと。
  • 衰弱、高齢、妊娠中、授乳中の猫あるいは薬物治療を受けている猫に対して使用する場合には獣医師に相談すること。
  • 本剤は外用以外に使用しないこと。
  • 本剤の安全性試験は4週間以内の投与間隔で実施していないことから、本剤の最短投与期間は4週間とすること。
  • 本剤は1回投与すると通常約1ヵ月間新規のノミ及びマダニ寄生を防御することができるので、次回の投与はそれを考慮して行うこと。
  • 本剤使用前後2日間は、水浴あるいはシャンプーを行わないこと。
  • 副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
  • 猫の目に入らないように注意すること。傷のある皮膚には滴下しないこと。
  • もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎、アルコール様中毒症状(嘔吐、食欲不振、元気消失)が観察されることがある。そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意すること。
  • まれに、他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤等の皮膚炎、脱毛)が起こることがある。もし、症状が持続または悪化する場合は、直ちに獣医師に相談すること。

取扱い上の注意

  • 小児の手の届かないところに保管すること。
  • 直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しいところに保管すること。
  • 使用済みの容器等を廃棄する際には、環境や水系を汚染しないように注意し地方公共団体条例等に従い処分すること。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索
お近くの動物病院検索お近くの動物病院検索

愛犬・愛猫とくらす

  • 犬を迎えたら犬を迎えたら
  • 犬のお手入れ犬のお手入れ
  • 犬のしつけ犬のしつけ
  • 犬のお散歩犬のお散歩
  • 犬の迷子対策犬の迷子対策
  • 猫を迎えたら猫を迎えたら
  • 猫のお手入れ猫のお手入れ
  • 猫のしつけ猫のしつけ
  • 猫の迷子対策猫の迷子対策

獣医師の先生のお話 獣医師の先生のお話

ノミ・マダニ

人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状人間にも感染します!ノミが引き起こす深刻な症状
人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患人間にも感染します!恐ろしいマダニ媒介性疾患

SFTS 重症熱性血小板減少症候群SFTS 重症熱性血小板減少症候群

複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています複数の死亡例も!33の都道府県で確認されています
セーブペットプロジェクトセーブペットプロジェクト